「円形脱毛症」の原因は今現在のところはっきりとは特定されていませんが、最も有力だとされているのは「精神的ストレス」「遺伝的素因」「内分泌異常による自己免疫疾患」の3つがあげられます。

ちなみに、もっとも多いのは内分泌異常による自己免疫疾患なのだそうです。

このように言うと、円形脱毛症も大変な病気できちんと病院に通って治療しなくてはならないのではないかと思えてきてしまいますが、実は髪が長い女性の場合だと円形脱毛症になっていることにすら気が付かず、そのまま治癒してしまっている人もかなり多いようなのです。

ただ、その場合は時間がかかってしまいますから確実に早く治すのであればやはり受診するのがベストでしょう。

一般的に受診したときにまず最初に治療で用いられるのはステロイド系の内服薬・塗り薬・注射などです。

これでダメな場合には40~50度のスチーマーを脱毛部分にあてたりすることがあります。

また、ドライアイスや液体窒素などを用いて刺激を与え、炎症をわざと起こさせる治療法もあります。

軽くやけど状態にすることでリンパに刺激を与えて発毛を促そうというものです。

それ以外にもステロイドパルス療法という点滴治療で3日間連続で行うものもあります。

発症してから6ヶ月以内であれば有効率が高いとされています。

局所免疫療法などは有効であるとされているにも関わらず保険適用されていません。

コメントは受け付けていません。

Comments are closed.